プロフィール

ゆうと

Author:ゆうと

職業:携帯サイトコンサルタント兼フリーエンジニア
503iの時代から携帯サイトの開発にたづさわり、携帯サイトの特性やSEO/SEM、モバイル広告など経験をいかし、プロが作る携帯サイトを実践中。

「みんなのモバイル」を運営てます
http://goo.to/
携帯サイト運営でお困りの方、携帯SEOでお困りの方、システムで困っている方、気軽にご相談ください。



お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
ページランク

カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯サイトを運営している人お友達になりましょう

フリーエリア


最近の記事


月別アーカイブ


ブログランキング


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:モバイルHTML
モバイルHTMLで注意しておきたいistyle属性

istyle属性とは、入力形式(input style)。携帯サイトで入力フォームを作成する際には、
必ずこのistyle属性を指定する必要があります。

指定パターンは、1~4までの4つでテキスト入力要素 (<input type="text" ...>、<textarea>) で指定します

ex <input type=text istyle=1>

istyle=1 (全角かな/全角文字)  ← 何も指定しない場合は、これ
istyle=2 (全角カナ/全角文字)
istyle=3 (英字/半角文字 (小文字) )
istyle=4 (数字/半角文字 (数字) )

この指定をしないとどうゆうことになるか、
例えば、
・電話番号を入力してください
という入力フォームを作成した場合。

何もしていなければ、携帯からの入力は、全角かなモードになっています。
ユーザは、電話番号を入力するために、携帯の入力モードを半角数値に変更してから入力する必要が出てくるわけです

これは、携帯サイトならではの考え方なので、PCサイトを中心に作成されているクリエータの人などは、意識が低く、開発もブラウザ上で行ってしまうので、意外と見落とされてしまいます

ただし
入力フォームとは、ユーザに何かを入力してもらうという非常に重要なページで使われることが多いです
たかが、入力タイプの指定といっても、実際に携帯端末を利用して入力してみると意外と手間な作業になってしまいます
大事なページでの離脱を防ぐためにも、携帯サイトを構築するプロとして必ず意識しておくと良いでしょう

ちなみに、公式系の携帯サイトでも、非常に良く見受けられます。
クリエーターの質・サイトの質を低下させる要因になるので、注意しましょう
スポンサーサイト


| BLOG TOP |

copyright © みんなのケータイブログ -携帯マーケティング/携帯SEO/最新携帯サイト情報- all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。